なぜ、あなたの商品の魅力は伝わらないのか?

サイト上で自社の魅力を伝えたい!
商品の良さや自分の想いを分かってもらいたい!
訪問者をサイトに釘付けにしたい!

ビジネスをやっていれば(いや、やっていないくても)サイトを持っていれば誰だってこんな風に考えますよね?

こと、ビジネスにおいては、商品を試してもらう前にある程度商品の魅力を分かってもらわなければなりませんので、この “伝え方” というのは非常に重要です。買ってもらって、実際に使ってもらってサービスを受けてもらうことで商品の良さを伝えるわけではありません。買ってもらう前に、使ってもらう前に十分商品の良さを伝えるということがとっても重要なのです。

あなたのメッセージをお客さんに伝える方法

商品の魅力を伝えるには?

サイト上であなたのメッセージを伝える方法は、次の通りです。

  • 文章で伝える
  • イメージ(写真や画像・図)で伝える
  • 音声で伝える
  • 動画で伝える

ここ最近の傾向と、今後の流れを観察してみると、動画を使うという方向に向かうと思います。以前の Google がこんな発表してました。何と東京都内にYouTube動画をプロ仕様の環境で撮影しよう! というスタジオをオープンさせたんだとか。

YouTube Space Tokyo

まぁこんな感じでコンテンツの質を上げるための環境が整って行くようです。しかし、本質的にコンテンツの質を決めるのは、撮影環境ではありませんよね? 何が言いたいかというと、中身が重要だということです。

そして、その根底にあるのは、文章力だとぼくは考えています。

なぜ、文章力が重要なのか?

コピーライティング

ぼくの考える文章力とは、思考力に近いものがあります。さらに考えたことを表現する力です。構成力と言ってもいいでしょう。動画コンテンツを作るにしろ、音声コンテンツを作るにしろ、実は元になる中身を作るためには文章力が必要なのです。動画の中で、音声の中で “何を言うのか” という部分は、文章力が無ければまとまらないからです。

文章力というと、多くの方は “どう言うか” を気にします。“どんな表現を使うか” を気にします。ですが、重要なのは “何を言うか” です。ですので、文章力とは表現のスキルのことではありません。最初にも言ったように、「思考力」とか「構成力」こそが人に “伝える” 上で最も重要なポイントです。

まずこれを言って訪問者を引き込んで

次にこれを言って興味・関心を持たせ

その後はこれを言って役立つ発見をしてもらう、、、

というような流れにそった文章を構成します(あくまでも一例)。そして、こういった文章を書くには、

  • 読み手が何に興味があるのか?
  • 読み手が読まずにはいられないテーマは?
  • 読み手が解決したい問題は?

などのことを知っていなければなりません。つまり、読み手は誰なのか? ということの重要性に行き着きます。あなたのサイトのコンテンツは誰が読み手ですか? 誰のために役立ちますか? 誰が読むと喜んでくれますか? そういう視点を持ちながら、文章を書いてみてください。反応が変わってくると思います。