WordPressを使ってて後悔したとき

WordPress をいじっていて、いつも後悔すること……それは、「時間を無駄にしたな〜」ということです。いくらネットサーフィンしても答えが見つからない、なんとなくそれっぽい記事を見つけても意味が分からない、同じようにやっているのにうまくいかない、気がついたら 1 時間、2 時間と経ってしまっている……。そして思うのです。「それは今、必要なことか?」と。

ビジネスに使うWordPress

時間を無駄にするなたが WordPress をどういう必要性から使いだしたかは分かりませんが、もし WordPress っておもしろいなと感じるタイプであれば、たぶんこういう経験があると思います。ついつい新しい機能が気になってします。プラグインを試したくなる。テーマを変更・カスタマイズしたくなる……。

完全に趣味の領域です。ビジネスと関係あるか? もっとストレートな言い方をすれば、売上・利益を上げるのに必要な行為か? というようなことをついついしてしまいます。

別にダメだと思いませんが、問題はそこに時間をかけすぎてしまうこと。ついつい無駄な時間を浪費してしまうことです。先日見つけたまとめ記事によると、人が時間を無駄にしたと感じる場合はだいたい以下のような場合だそうです。

  • 悩んでも答えが出ないとき
  • 努力の成果が消えるとき
  • 手段の選択を誤ったとき
  • 同じ事を 2 度繰り返したとき

・・・などなど。

その作業、目的はなに?

WordPressカスタマイズめている機能を、プラグインなんかを使って実現できただけでも「やった!」という達成感を感じてしまいます。訳の分からない内容をなんとか理解し、試行錯誤してカスタマイズを実現できたときは、やはりうれしい。

でもそういう達成感ばかりを求めていても、正直あまりビジネスとは関係ないと気付くことが多々あります。

デザインを変えるにしても、プラグインを導入するにしても、全ては何か目的があって行うはずです。そしてその目的は訪問者視点からスタートすべきですよね。往々にして自己満足に終わってしまいがちなので、ここは十分注意したいところです。見やすさ、使いやすさ、分かりやすさ。これらを達成するために必要な行為なのか? という視点がまず必要です。

もちろん中には WordPress を管理・運営するものの視点として必要な機能というのはあります。そのためのプラグインを探したり、方法を探すのは必要です。結果作業効率が上がり、生産性の向上につながるからです。

いずれにしても、目的がはっきりしないデザインやカスタマイズは時間を無駄にするので気をつけたいですね。

戦略の上に成り立つサイト運営

チェスェブサイトは所詮ツールの 1 つです。集客やセールス、顧客とのコミュニケーションなどの目的を果たすための手段の 1 つです。そして、レイアウトにしろデザインにしろ、目的があります。

なぜ、見出しは太字なのか? なぜ見出しは色を変えているのか? こういったことにも、ちゃんと理由がありますよね。そう、目立たせたいからですね。目立たせて訪問者の注意を引きつけたいからですね。

じゃあなんで訪問者の注意を引きつけたいのか? それは記事を読んでもらいたいからですね。記事を読んでもらいたいのは、訪問者に価値を感じてもらいたいから、読者になってもらいたいから、商品やサービスの販売につながる前提知識を持ってもらいたいから、、、などなど。細かく言うと色々ありますが、要はお客さんになってもらいたいから、ですね。

目的を達成するために、どこを目立たせたいのか、どんな機能が必要なのか、などを考えて行った末に、デザインを変えよう、プラグインを入れよう、と判断していきたいですね。

じゃあどんな判断基準があるのか、という点が気になってくると思いますので、いずれお届けしたいと思います。