PCかタブレットか?はたまたスマホか?
~サイトの最適化をどう考えるべきか?~

パソコンが売れていないようです。

代わりに売れているのがタブレット。

今後PCはタブレットに取って代わられるという予測をしている人も多いようですが、ライターとしてはキーボードをタイピングする感触が味わえないタブレットをメインに使うのは、なんかな〜と思うわけです。(まぁ外付けキーボードとかありますけどね・・・。)

そうは言っても、PCは完全に業務用として、そして家庭用はタブレットというスタイルはそう遠くない日に訪れそうです。では、このようなデバイスの変化にどう対応したらいいのでしょうか?

本日はデバイスの変化に伴う、ビジネスの変化する部分と変化しない部分という2つの側面からお話して行きたいと思います。

デバイスの変化とウェブの対応

スマホやタブレットでのネット利用が増えてくるとするならば、ネットでのビジネス展開の方向性も考える必要が出てきます。

しかし、もともとスマホやタブレットはパソコン用のサイトも同じように観れることを目的としていました。それまでの携帯、いわゆるフィーチャーフォンと呼ばれるやつは携帯向けのサイトが用意されていたわけですが、スマホならパソコン用のサイトが観れるよ、と。もちろんタブレットでも観れるよ、と。

でも、実際ふたを開けてみると、スマホでパソコン用のサイトを観るのは文字が小さくてちょっと苦しい・・・という状況になってしまった。

タブレットくらいの大きさなら観る分には問題ないが、ユーザーインターフェース(操作方法)が異なるのでタブレット用に最適化した方がいいかも・・・という状況。パソコン用のサイトが表示できると言っても実行してくれないプログラムもあるし、AppleのiPhoneやiPadに至ってはFlash(WEB上のアニメーションのような仕組み)は対応しないと言い切っているわけです。

他にも、パソコン用のサイトをスマホやタブレットで表示しようとすると時間がかかってしまう事も、ユーザーにとってのイライラの原因になりかねません。

このように、一応パソコン用のサイトがあればスマホやタブレットでも観る事はできるが、ユーザー視点に立つとそれぞれに最適化した方がよさそうです。

Think Like a Publisher

一方、変化しない部分というのもあります。

それは “コンテンツ” ですね。

結局のところ、ユーザーが求めているものは “コンテンツ” です。それは、パソコンだろうがスマホだろうがタブレットだろうが変わりません。

コンテンツの質はデバイスを問わず重要です。デバイスが多岐に渡ろうとも、インターネットの利用目的自体が変わるわけではないので、ユーザーが求めているコンテンツを提供することに重点をおいた方がいいでしょう。いくら読みやすく、見やすく、デバイスごとに最適化されていても、中身がないサイトではユーザーを引きつけることはできないわけですから。

インターネットの最大の特徴の1つは “探す” ということだと思います。

  • 情報を探す
  • 問題解決方法を探す
  • 友達を探す
  • おもしろいことを探す
  • ニュースを探す
  • 自己表現の場所を探す

・・・などなど。

ネットユーザー視点でいうと、常に何か探しているわけです。(求めていると言った方が適切かも?)どちらにしろ、ぼくたちは発信者側なので、ユーザーが探しているもの、求めているものをコンテンツにして公開していけばいいわけです。

『 Think Like a Publisher 』

「発行者・出版人のように考えよう」というコンテンツ・マーケティングの基本コンセプトです。このコンセプトはデバイスが変わろうとも、ネットの世界が続く限りは無くならないのではないかと思います。