Ustream生放送を使ったアメリカの動画セールスとは?

ちょっと前の話になりますが、アメリカのある有名なマーケッターのプロモーション動画を見ていました。日本時間で夜の 11 時ごろ。現地の時間で午前 10 時ごろだったと思います。Ustream を使った生放送。

まず驚いたのが、テレビ番組か! と思うようなセットです。まぁ確かにトップマーケッターなので、それくらいの資金力があって当然なのですが、日本のトップマーケッターが同じようなことをしているか? と言われれば、決してしていないわけで…圧倒的なクオリティの差を感じました。

また、「これ、ホントに Ust!?」と思うくらい、高画質できれいな映像。画像のぶれや中断もほとんどありませんでした。なぜ、ここまで日本と違うんですかね? 機材の問題なんでしょうか?

番組の構成

語はよく分からないのですが、番組の目的は新商品発表のプロモーションです。かつ、そのトップマーケッターに集客などの方法を訊いて行くという構成です。インタビュアーがいて、そのマーケッターに対して質問します。新商品は集客に関するインフォプロダクト。DVD とか CD とかレポートとかがパッケージされた商品です(その商品の1つに「ninja」という言葉が使われていました 笑)。

番組は商品のプロモーションであると同時に、集客に関するコンテンツ動画でもあります。どうやって集客すればいいのか、ということを話しているようでした。さらに、画面から伝わる雰囲気以外にも、その番組の構成にも驚きました。

主な流れはインタビュアーがマーケッターに質問しつつ進んでいきます。その中で商品のセールスをするのは主にインタビュアーの方でした。インタビュアーというか、プレゼンテーターという感じでしょうか。

お客さんの声がふんだんに

して、番組の途中に 10 分程度の休憩を何度か挟んでいましたが、そこでは主にお客様の声を放映するわけです。彼に出会えてどれだけよかったのかという話を彼のクライアントさんが何人も語っています。そしてまたマーケッターにインタビューをしていく・・・。

要するにテレビ通販みたいな感じです。それを個人のマーケッターが自分の商品を売るために特番的にやっているという感じでした。コンテンツ+セールス+お客の声、の繰り返しという感じで、まさにテレビ通販のネット版ですね。

自分に対する顧客の声という CM までしっかり用意している。生放送なので質問も受け付けていて、リアルタイムで回答をしていく。日本人とおぼしき名前の人からの質問もありました。

日本でこんなことしている人いるのか…?

個人メディアで世界へ発信
かし、これを見て感じたのは、日本で行われているネットを使ったプロモーションは、まだまだ遅れているな〜ということです。いや、表面的なことをまねている人はいますが、ここまで作り込まれているのは見たことありません。ぼくが知らないだけでしょうか……?

ただ、ソーシャルメディアが浸透してくるに従って、「個人がメディアを持てるようになる」と言われて久しいですが、個人がメディアを持つというのはこういうことを言うのか、と思わずにはいられませんでした。

まずはアメリカのマーケッターなどのメルマガに登録してみてください。やはり動画を使ったプロモーションが多いので、英語が分からなくても雰囲気だけでも見る価値はあると思いますよ。もしあなたが英語を理解できるなら、なおの事、価値ある情報源になるはずです。

え? どうやって登録すればいいか分からないって?

便利なサイトを発見しましたよ!
WordPressを使っている海外・英語圏の起業家・マーケターの実例

海外のマーケッターがたくさん紹介されていて、彼らのブログやオフィシャルサイトへのリンクも貼ってあります。そこからメルマガの登録をすれば OK です。

さっそく参考にしてみてください。