値下げよりも付加価値を与えるこんな居酒屋のサービス~塚田農場体験談~

日、コピーライターの友人に呼び出され、大阪梅田の街へ飲みにいきました。プロモーションのことで相談したいことがある、と言われ、そういう名目で飲みに行ったのです。そして、訪れたお店は「塚田農場」という居酒屋。運営会社はAPカンパニーというところで、社長さんのメディア露出(カンブリア宮殿とか)もあったそうですから、知っているかもしれませんね。

福岡にいたときは見かけなかった気がするんですが、九州の宮崎や、故郷鹿児島の食材を使っているようで、親近感がわきました。なにより店員の女の子がみんなミニの浴衣姿でカワイイという(笑)

それに、かなりサービスが良くて、あれやこれやのサプライズプレゼントにサービスメニュー、リピートしたくなるような戦術が次々に展開され、「マーケティングすげ〜」と関心してしまいました。

塚田農場の「また行きたくなる」サービスとは?

えば、、、サプライズプレゼント的な料理を 3 品ほど提供してくれました。ガーリックライスや食後のデザートとか。

他にも、注文した地鶏の料理を違った味で楽しめるように、調味料を持って来てくれたり、それもアンパンマンのデコレーションをしてくれていたり。カフェラテでアートをするかのうように、ビールの泡にも絵を書いてくれたり。

調べてみると、

この居酒屋は、お客様の平均単価が 4000 円。その 1 割をお客様に還元しようと 400 円までなら何をやってもよいとアルバイトスタッフに言っているそうです。

その 400 円で出来ることを、社内版 mixi のようなスタッフ専用SNSで共有しているそう。その数は 500 以上とか。そこには作り方と原価が表記されているそうです。
参照:NAVERまとめ

ということが分りました。スタッフさんの采配で色々できるんですね。

割引や一杯無料じゃつまらない!

人のコピーライターは何回か来たことがあるようですが、ぼくは初めてだったので、ポイントカードのようなものをもらいました。そこに取り入れられてるのがとても面白い。

ターゲットはサラリーマンなんですが、来店するごとに主任 ➡ 係長 ➡ 部長 ➡ 社長 ➡ 会長と昇進していくようです。昇進の度に昇進祝いがもらえるわけですね。逆に半年間来店がないと、クビを切られてしまうそうです……orz そして、会長の次のランクは秘密って言われました。

実際の会社では昇進できないけど、この店に来ればば来るほど昇進できると、、、リアルでは同期が係長になったけど、こっちの店ではオレが部長だ! みたいな(笑)そんな感情的な面をくすぐるのがうまいですね。

ただポイント貯めて割引〜とかビール 1 杯サービス〜とかはどこでもやってますが、こういうゲームの要素を取り入れると、よりお客さんを巻き込めてリピート率が高くなるわけですね。NAVER まとめにまとめられている記事によると、なんとリピート率 6 割だとか!

すごいですね。

パーソナルな特別感を演習された件

塚田農場帰りのプレゼント
員さんはちょこちょこ話しかけてきてくれて、仕事のこととかを聞かれたんですが、最後になんとびっくり、こんなプレートを持って来てくれました。これは一気にファンになりますよね。メッセージがテンプレじゃなくて、完全にパーソナライズされていますし。感動もしますし、マーケティング目線でも関心しまくりでした。リピート率が高いのもうなずけます。

表面的なマーケティング戦略として注目すべきポイントは、予想外のプレゼントやゲーム感覚でリピートを促す仕組みなどかなと思います。そして、それを実現させるスタッフの人たちへの教育が、かなりしっかりされているな〜と感じます。また、食材に関しても、生産者と直結して安く良いものを提供できる仕組みなど、学べる部分が多い店でした。

もちろん、また行って係長になろうと思います。