決済システムとしてのPayPalをオススメする3つの理由

税理士の方からこんなご質問を頂きました。

今後、セミナーやコンテンツ販売を行おうと考えており、クレジット決済を導入しようと考えております。ある人からはECサイトを利用したらどうかと言われ、また、別のある人からはセミナーの申込みにECサイトはそぐわないのではないかと言われました。

セミナーやコンテンツ販売をされている業者さんは通常どうされているのでしょうか?

また、おすすめの決済代行会社やECサイトを教えていただけませんでしょうか?

ご質問ありがとうございます。本日はこれに対してのぼくからの回答をシェアさせて頂こうと思います。

簡単にクレジットカード決済を導入できるPayPalとは?

PayPalカード

々な決済システムを比較したわけではありません。ですが、ぼくのような個人事業でやっている場合や、初めてオンラインでのクレジットカード決済システムを取り入れようとする場合などは、まずPayPalを利用してみる事をオススメします。

PayPalとは、全世界で利用されていて、アメリカの最大手オークションサイトであるeBay傘下のサービスです。

顧客の大事なクレジットカード情報を販売者側に知られることなく、PayPal経由で決済手続きができます。他にもPayPalアカウント同士でのお金のやり取りなんかもできます。

セミナーへの申し込みや電子コンテンツの販売をウェブ上で行うにあたり、ECサイトのような大掛かりなシステムは必要ないでしょう。PayPalはいくつかのECサイトと連動もできますが、PayPalにはクレジットカード決済用のボタンをつくる機能があるので、それを申し込みページに設置するだけで十分です。

ユーザーがPayPalのアカウントを持っている必要はなく、すぐにカードで支払いができます。

PayPalをオススメする3つの理由

なぜPayPalをオススメするのか?PayPalには、例えばこんなメリットがあります。

理由1) 登録無料。固定費不要。手数料安し。つまりコスト的にお得

ず、何と言ってもコストが安いのは助かります。大手の決済代行システムは大企業向けなのか、非常にコストがかかります。安定した売上を確保できるなら問題ないのかもしれませんが、事業立ち上げ当初や、これから決済システムを導入しようという段階で利用するには、リスクが大きいでしょう。

PayPalなら登録は無料でできますし、月額利用料のような固定費もかかりません。手数料も業界最安値ではないかというほどです。「とりあえずクレジットカードの導入だけをしたい」という場合は十分です。コンビニ決済など、その他の支払いにも幅広く対応したい場合に、他のサービスを見当すればいいと思います。

理由2)セキュリティ面も安心できる

クレジットカードも安心して使える

ットでモノを買うというのは、とても心理的ハードルの高い作業です。普段買い慣れている人でも、サービスが変われば新たな抵抗が生まれます。いつも楽天しか使っていない人は、Amazonの決済ですらちょっと不安になるでしょう。

そういう意味で、知名度や信頼性、そしてセキュリティでの安心感は重要です。決済システムが理由でお客さんを逃がしてしまうという可能性もあるわけですから…。

PayPalは世界で使われています。セキュリティに関しては当然ながら安全であるとうたっています。もちろん100%はないでしょうが、対応は十分信頼のおけるものです。

昨年はソフトバンクとも業務提携をしていました。

また、iPhoneなどのスマホで、PayPalを利用したカード決済ができるようなサービス(PayPal Here)も展開されています。これがあれば道端でもカード決済ができてしまうという…。例えば、セミナー会場で商品を販売したり、次回のセミナーの申し込みを、その場で決済するなんてこともできてしまうわけですね。こういう事業が展開できるという事は、各クレジットカード会社から信頼を得ているという一定の証拠になるでしょう。

なんだか世界のカード決済は、PayPalを中心に広がっていっているようにすら感じます。顧客への説明を怠らなければ、しっかりと信頼性を感じてくれるだけのバックボーンはあります。

理由3)すぐにキャッシュを受け取れる

社にもよりますが、カード決済の代行サービスを利用していると、ネックとなるのが “いつキャッシュを回収できるのか?” という点です。商品が売れても、その売上を受け取れるのが1ヶ月後、2ヶ月後とかになると正直しんどいですよね。

PayPalは決済後すぐに入金が反映されます。そのお金を指定の銀行口座に振り込む作業も早ければ3営業日、遅くても7営業日以内には完了するようです。50,000円以上であれば無料で口座に入金してくれます。

キャッシュの回収が早ければ事業を回すスピードも速くなりますし、資金的体力に余裕がないときでも現金が手元にない不安を抱えずに済みます。クレジットカード決済にも関わらず、すぐに現金が受け取れるというのは非常に大きな魅力でしょう。

PayPalでは物足りないこと…

不満足

上、クレジットカード決済の導入にPayPalをオススメする理由を3つご紹介させて頂きました。が、しかし、PayPalも万能ではありません。オススメできない理由もあります。オススメできない理由というか、不十分な点があるのです。

商品やサービス内容、客層によってはネックになるかもしれません。ただ、セミナーへの申し込みにクレジットカード決済を導入したい。電子コンテンツの販売にクレジットカードを利用したい、という場合はPayPalがオススメできますよ、という回答でした。

次回は、PayPalのネックとなる部分についてお話したいと思います。