PayPal補完計画 -PayPalで銀振対応・サンキューメール送信-

PayPalの利用について。前回、「PayPalをオススメする理由」を3つご紹介しました。ただし、PayPalも万能ではありません。物足りない、と感じる部分もあれば、人によっては全く使い物にならないという場合もあるでしょう。

では、例えばどんな部分が物足りないのでしょうか・・・?

クレジットカード決済以外の手段には対応していない

クレジットカード対応

ンターネットを利用して商品を購入する場合、その支払い方法は1つではありません。クレジットカード決済は数ある方法のうちの1つに過ぎません。

例えば、コンビニ決済や代引き、銀行振込や電子マネー決済などなど、色々な決済方法があります。一般的に決済手段は多い方が良いとされています。決済手段が限られていると、もし見込み客の希望する方法に対応していない場合に、お客さんを逃がしてしまうかもしれないからです。見込み客の希望する決済方法に対応していないことが原因で“買わない”という判断をする場合もあるのです。なので、決済手段は多い方がいいと言われています。

その決済方法、慣れていますか?

また、見込み客の“慣れ”の問題もあります。見込み客は普段ネットで買い物をするのか?もしするとしたらどのような決済方法を利用するのか?ネットでの買い物に抵抗を感じていないか?対応している決済方法に抵抗を感じていないか?このような事を考慮すると、決済手段が限られているというのは、デメリットになります。

PayPalは個人規模でも手軽に導入できる決済システムですが、それはあくまでもクレジットカード決済を導入したいといった場合のみだという点は注意すべきです。

購入後のサンキューメールが自由に送れない

サンキューメール

ょっとネットで買い物をした時を思い出して欲しいのですが、無事クレジットカード決済が済んだ後、まず何をするでしょうか?

そう、注文確認メールをチェックしますよね。

メールボックスを開いて、ちゃんと決済が行われているかどうか、注文した内容は間違っていないかどうかをチェックするはずです。そのために必要な注文確認メールを販売者側も送信するのが普通です。そして普通このメールは自動で送信されます。注文が確定したら自動的に購入者の元へメールが送信されるのです。

しかし、PayPalにはこのような注文確認メールを自動で送る機能がありません。お客さんがPayPalアカウントを持っていれば、PayPal決済をしたというメールがPayPalから案内されますが、それは販売者が自由に内容を考えて送れるメールではありません。「ありがとうございます」の一言も添える事はできません。

ですので、注文が入ったら1件1件手動で「サンキューメール」を送る必要があります。少人数への販売であればそれでも問題ないでしょう。そこまで労力のかかることではありませんので。しかし、いつでもすぐに返信できるとは限りません。お客さんは販売者からのメールがすぐに来ないと不安になってしまうかもしれません。そういう事態を避ける為にも、まずは自動でメールが送られる方がいいと思います。

しかし、PayPalではそれができないんですね・・・。PayPalはあくまで決済をフォローしてくれるサービスというわけです。しかも決済と言っても基本はクレジットカード決済のみです。

PayPalの利用はツールとの併用がオススメ

PayPal×ツール

PayPalは非常に手軽にクレジットカード決済システムを導入できるサービスですが、上記のような問題点もあります。そのため、マーケティング的に見ると不十分なサービスと言わざるおえません。そこでオススメなのが、PayPalのシステムを補完するツールとの併用です。

例えば、こちらのペイメントEXというツールを使えば、PayPal決済後のサンキューメールや銀行振込の対応ができるようになります。銀行振込希望者へのフォローメールで取りこぼしを防いだり、決済後のページでさらに追加オファーをするアップセルやクロスセルもでき、売上アップの仕組みを組み込む事もできます。

このようなツールでPayPalの機能を補えば、お客さんの流出を防ぎ、購入者をしっかりとフォローしていける仕組みをつくることができます。クレジットカード決済の導入を考えているなら、ぜひ試してみてください。