ウェブサイト制作を依頼するときの注意点

Yahoo!知恵袋にあったこちらの質問、まだまだ使わせてもらいます。

広告やネット集客についてお聞ききします。

〜省略〜

②ネット集客について

一般的にSEO対策も重要ですが私的には消費者が自店のサイトを観覧した際に長時間滞在してもらえるようなHPを作成することが最優先と考えています。更新も店舗で行えるようなHPがいいです。長時間滞在してもらえるためには①の質問同様、消費者がパッと見た瞬間、この店に行ってみたいと思えるような言葉的匠表現、そしてリピートしてもらえる仕組みを具体的に持っている作成会社を教えて下さい。

ヘアサロンの集客です。

さて、本日は 2 つ目の質問について考えてみたいと思います。まず、この方が重要視している「長時間滞在してもらえるような HP」、実はこれ、SEO にも影響します。サイト滞在時間が長いページを Google は評価する傾向にあるようです。

サイト滞在時間を伸ばすためによく使われるテクニックは、動画を掲載する方法です。YouTube にアップされている動画や、自分でアップした動画を、自分のブログやサイトに埋め込むだけでいいので簡単です。動画視聴中はずっとサイトに滞在することになるため、滞在時間を稼げる、というわけです。

ただ、、、

サイト滞在時間と集客に、相関関係などあるのか?

疑わしいグラフいう疑問が残ります。少なくとも、サイト滞在時間が伸びれば Google からの評価が上がり、検索上位に表示される可能性が高まる。上位表示されることで訪問者がさらに増える。訪問者が増えればお客さんになってくれる人も増える。というロジックは成り立つようです。

しかし、サイトに長く滞在してくれる人がお客さんになるかどうかは、あまり関係がないように思います。ネットは比較されやすいメディアです。ヘアサロンなんて、フリーペーパーとかで思い切り比較されているわけなので、正直ウェブサイトをじっくり見る人がいるか疑問です。仮にじっくり見る人がいたとしても、比較検討のために滞在しているでしょうから、比較した結果他店に行かれてしまうこともあるでしょう。

むしろ、長く滞在させて色々考えさせるよりも、とりあえずすぐにでもコンタクトを取ってもらえるような仕組みを用意した方がいいでしょう。つまり、、、ウェブ限定のクーポンやウェブ予約限定の割引サービスなどを用意して、ウェブで申し込むメリットを打ち出すことが重要だと思います。

実はそれだけでも不十分・・・

10%割引クーポンくの知る限りですが、、、クーポンを用意しているヘアサロンなんて今や当たり前で、お客さんはクーポンで比較してるんじゃないかと思う程です。なので、クーポンを付けたくらいじゃ変わらないかもしれません。

すぐに予約したくなる、選ばれるサロンになるためには、やはり違いが必要です。クーポンを付けるなら、他店より圧倒的にお得なクーポンにする。例えば新規はカット・シャンプー無料とか。そしてリピートしてもらう仕組みをちゃんと用意するのと、必ずそれを実行すること。リピート率を上げられれば、初回無料でも痛くないでしょ?

例えば次回の予約を入れてもらえば割引するとか。1ヶ月後に「そろそろ髪を整えたくなる時期じゃないですか?」などの来店促進メールを送るとか・・・。そのメールから予約してくれたら割引するとか・・・。他にも、、、初回無料で来店させて、12 回の回数券を販売するとか。もちろん、回数券の方がお得になるようにします。

リピート率を増やす工夫をするには・・・

ビジネス成長のグラフまり、リピートしてもらう仕組みというのは、ウェブサイトに組み込むものじゃなくて、自分で用意するものだということです。ウェブサイトに用意するのは、せいぜいお客さんの個人情報を取得するためのフォームくらいでしょう。

あとはウェブサイトとは直接関係ないですが、顧客データベースをしっかり管理できる仕組みもあるとベストですね。新規かどうか、前回の来店からどれくらいか、どんなメニューを注文する人か、などなど。そういった情報を押させておくことで顧客のリピートを促す戦略を取りやすくなります。

要するに、ウェブサイトがあれば解決するような問題ではないわけです。そこを勘違いしてウェブサイトを万能ツールのように考えていると、きっと失敗すると思います。集客にしろリピートにしろ、戦略があって、それを実行するためにウェブサイトがあるわけですから。