これからのデザインの話をしよう!~iOS7に採用されたフラットデザインについて~

、偉そうなタイトルで始まりましたが、どんな話ができるのか分りません。ちょっと考えを整理しつつ書いて行きたいと思います。

なぜデザインの話をしようと思ったかというと、iPhone の新しい OS、iOS7 がリリースされたからです。こういう新しい OS が発表される時は必ずトラブルがつきものです。特に今回のバージョンアップは大幅なデザインの変更があったため、見た目や使い方に戸惑う人が多いと思います。

そんな時、決して少なくはない人たちがバージョンアップをためらって、様子をみるものです。こういう新リリースに速攻で飛びつく人に “人柱” になってもらって、レビューをもらうわけですね。毒味させるような感じです。

ちなみにぼくも既にアップデート済みで、新しい OS を使っています。iOS7 のレビューを本筋にするつもりはないので簡単に感想をお伝えすると、「美しい」と思いました。ダサいという意見も多いみたいですが、キャプチャーとかではなく実際に見ると、ほんとうに美しいと感じますよ。見てて飽きません。

フラットデザインとは?

ころで、この一部ではダサいと言われている iPhone の新しいデザイン。今回の新しい iPhone から採用されているデザイン。このデザインを一般的に “フラットデザイン” と言います。フラットデザインってなんぞや? と言われると、なかなか説明が難しいんですが、誤解を恐れずに言うと、立体感のないのぺ〜っとしたデザインですね。

フラットデザインの走りは、Windows8 です。この最新の Windows で一般的に知られるようになったのではないかと思います。そして Google や Yahoo!JAPAN も最近はデザインをフラット化しているので、結構浸透してきているのではないかと思います。

フラットデザインで作られたウェブサイトがまとめられたサイトがあるので紹介しておきます。

Flat UI Design

今まではどんなデザインだったのか?

く対極にあるデザインとして語られるのが、スキューモーフィズムデザインと呼ばれているやつです。こちらはリアルな世界にある物質に似せて作られたデザインのことを言います。見た目だけではなく、インターフェースも似せているという特徴があります。

例えば、カレンダーアプリなら、実際に紙をめくる様な動作があったり、紙の質感があったり。アイコンのデザインもカレンダーを模したものだったり。ウェブサイト上の購入ボタンを立体的に、押したら凹むようにデザインされているのも、スキューモーフィズムと言えます。

iPhone も元々は、このスキューモーフィズムデザインでした。例えば、iBooks という電子書籍リーダーアプリがあるんですが、こちらは本棚のようなデザインや、実際に本をめくって読むようなインターフェースが採用されています。故スティーブ・ジョブズは、このスキューモーフィズムデザインの信奉者だったと言われています。

どんなデザインが売れるのか?

て、長々と綴ってしまいましたが、ぼくたちにとって考えるべきは、この “フラットデザイン” をウェブサイト(または広告)に取り入れるべきなのか? という点です。このフラットデザインは一時的な流行なのか? それとも今後のウェブやデジタルデバイスの主流となっていくものなのか? また、ユーザーにとって、お客さんにとって歓迎されるデザインなのか? 逆に嫌煙されるものなのか? という点です。

素人がデザインする、ということで言うと、フラットデザインはとても簡単そうに見えます。グラデーションとか、ドロップシャドウ(影)とか、質感とかを表現しなくていいので、、、。メインの色をいくつか決めて、線でババッと区切ってコントラストを付ければそれなりのものが出来そうに見えます。

ですが、シンプルだからこそ難しいという面もあります。例えば、ボタンに関して。立体感があり、ひと目でクリックできるボタンだと分るようなデザインの方が、クリック率は高い可能性があります。

フラットデザインでクリックしてほしいボタンを目立たせるためには、色の使い方とか、余白の取り方とか、これまで以上にちゃんと考えないといけないので、難しいでしょう。下手にフラットデザインを取り入れると、反応激減ということになりかねません。それに何だかチープになってしまったりしますし・・・。

お客にとってどうか?

た、メインのお客さんがどういう層なのかによっても、デザインを選ぶ必要があります。この前セールスページにフラットデザインを取り入れたら、あまり反応がよくありませんでした。もちろん、デザインが原因かどうか分りませんが、メインターゲットは 30 代〜 40 代以上だったので、もしかしたら、、、というのは可能性としてあるかもしれません。

もともと、フラットデザインが主流になってきたのも、ユーザーがウェブやデジタルデバイスの利用に慣れてきたから、とうのもあります。導入時期はユーザーが使いやすいように、既存のものと同じ様なデザインにした方がいい(=スキューモーフィズム)、というのがあったのですが、それが浸透してきたことによって、デザインのシンプルさ、機能美、機能性に比重が移って来たということなのでしょう。

いずれにしても、ユーザー目線を失ってはいけない、ということですね。

デザインは、見た目だけにとどまらず、どのように機能して、ユーザーにどのような体験を与えるのか、という全てを含めてデザインです。これはマーケティングプロセスをデザインする、という意味においてもそうです。

また、ダイレクトレスポンス広告においては、読ませたいコピーを読ませるためにあるものです。この目的において、フラットデザインは必要かどうか、、、結局はテストしないと分らないことですが、検討の余地はあると思っています。

作る側としては(個人的な感想ですが)、楽なんですよね、フラット。なので、作り手目線だとどうしても採用したくなってしまうという、、、よろしくないですね(笑)

あなたはこのフラットデザイン、取り入れますか?