理想のクライアントを獲得する、ちょっと非常識な顧客獲得法

クライアントを獲得するための活用法、ですかね。
クライアントと言ってもどんなクライアントでもいいわけではなくて、自分にとっての理想のクライアントです。
属性に合ったアクセスをどうやって増やしていくか?そしてどうやってクライアントになってもらえばよいのか?というところが知りたいですね。

10月ですね〜。だいぶ涼しくなってきました。

WordPressなど、サイトの活用についてアンケート経由でこのようなご質問を頂きました。ありがとうございます。ニュースレターの発行頻度も週1程度なので、なかなか質問に回答できずにすいません。

さて、まずはこの質問内容を分解してみたいと思います。

  • どうやって属性に合ったアクセスを増やすか?
  • アクセスして来た方を、どうやってクライアントに転換するか?

主にこの2点でしょうか。。。

ただ、大前提として、“自分にとっての理想のクライアントが明確である” 必要がありますね。

これに関してヒントになりそうなエピソードがあります。

それ、本当にやりたい事ですか?

先日、成功している起業家さんから駆け出しの起業家さんまで、大阪で集まる機会がありました。そこである起業家さんが言っていたこと、それは、、、

『やらないことを決める』

ということです。

普通、やりたいことを決めるとか、やりたいことをピックアップするというのはよく聞くと思います。しかし、この起業家さんはやらないことを決めたそうです。そしてその範囲での仕事だけに集中していったとのこと。

そうすることで、サービス単価も上げる事ができ、結果を出すスピードも速くなり、大きく成長しているとのことでした。

クライアントの理想を決める際にもこれは使えると思います。つまり、理想のクライアント像を明確にするのではなくて、付き合いたくないクライアント像を明確にするわけです。

「頑固なクライアントは嫌」
「言ったことを実行してくれないクライアントは嫌」
「経営に余裕の無いクライアントは嫌」

のように、付き合いたくないクライアント像をリストアップしていくわけですね。他にも、引き受けたくない仕事もリストアップ化できますね。

お客は選ぼう

あとは、これをちゃんとメッセージとして伝えることです。お問い合わせフォームなどに、以下のように書くわけです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このような方はご遠慮頂きます。
・こちらの提案を頑に拒否する方
・知らないこと、分らないことを素直に認められない方
・依存度が高く、非協力的な方
・赤字経営の方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これで、理想とするクライアントが寄ってくる可能性がぐんと高まります。

『でも、、、そんなことしちゃお客さんを逃してしまうんじゃ・・・?』と思ったかもしれませんね。

しかし、そんなことをしているから苦しくなっていくんです。付き合いたくない顧客に時間を取られて、品質やサービスの改善、もっと大切にするべき顧客への対応、新しいことへの挑戦などがないがしろにされてしまうのです。

付き合いたくない顧客に時間を費やして何かいいことがあるでしょうか?あなたのためにもなりませんし、あなたの大切なお客さんのためにもなりません。

ですので、そういった嫌な顧客が寄ってこないように、メッセージをしっかり伝えることが大事なのです。嫌な仕事は受けない付き合いたくない顧客は切るお客さんは神様ではないと理解するということですね。ぼくもクライアント選びは慎重にしています。

なんだかアクセスを集めることとは全然関係がありませんでしたが、実際それ以前に大切なことです。

まだ付き合いたくないクライアントが明確になっていないなら、ちょっと考えてみる価値はありますよ。ぜひ試してみてください。

次回は見込み客を集めるアクセスアップの方法についてお伝えしたいと思います。