もう迷わない!ネットに溢れるノウハウを自分のビジネスに活かす方法

インターネットで集客しようと思っても、何からしていいか分からない……。販売網を整えたいけどどうしたらいいのか、、、色々やる事が多くて混乱してしまう……。世の中には「こうすればうまくいく!」という情報がたくさんありますから、本当に何していいか分からないと思います。

正直なとこ、「たぶんこれやった方がいいんだろうな……」と思っていても、本当に必要なのか、自分のビジネスには使えないんじゃないか、結局効果がなかったらどうしよう……と思ってしまい、何もできずにいるのではないでしょうか?

誰だって時間は無駄にしたくありません。やるならうまくいく方法に力を注ぎたいですからね。そして何をしたらいいのか、どれに力を注いだ方がいいのか、と考えているうちに、結局「何もしない」という選択をするのです。選択肢が多くなると人は何もしないという選択肢を選んでしまうものです。それは仕方ありません。なので、まずぼくたちがやらなければならないことは、数ある選択肢の中から適切な情報を取捨選択できる目を養うことです。

自分のビジネスには、今何が必要か、という判断基準をしっかりと持ち、適切な選択ができるようにしておくことです。そうすれば、無駄に迷って時間を浪費することも、失敗につながる判断ミスを犯す可能性も減ります。

では、どんな判断基準を持てばいいのでしょうか?

ポイントはたった2つ

ピースサインをする女性SEO やソーシャルメディア、レスポンシブデザインやフラットデザイン、コンテンツマーケティングやFacebook マーケティング。色々な “最新” と呼ばれるノウハウやテクニック、トレンドが出てきます。

ただ、これらのことは、突き詰めると次の 2 つに分けられます。それは、、、

  • サイトへのアクセス(数)を高める
  • サイトのコンバージョン(レート)を高める

もちろん、ビジネス全体として見たらもうちょっと広い視点が必要ですが、ことサイト運営に関してはこの 2 点に注力すれば OK です。コンバージョンレートとは、「成約率」とか「転換率」、「反応率」などと訳されています。要するに、見込み客がお客さんに、関係のない人が顧客になることを言います。

どんなノウハウもこの 2 つを高めていくためにありますからね。そして、今の自分のサイトはどちらが弱いのか、をチェックしてみてください。そして弱い方を改善していきます。

強い方をさらに伸ばす、という考え方もありますが、片一方が 0 ならもう片方がいくら 100 でも結果は 0 ですから、、、このどうしようもない状態を早々に脱出しなければならないわけです。

サイトのコンバージョンを高める

アップ(UP)験的に、コンバージョンレートを高めるための努力をしている人は比較的少ないように感じます。SEO はアクセスアップの方法ですし、Facebook や Twitter でシェアを広げるのも直接的にはアクセスアップを目的としています。コンテンツ作成も SEO 視点で語られることが多いですよね。

一方で、コンバージョンを高めるための方法としては、問い合わせフォームのレイアウトを変えてみる、注文ボタンの色を変えてみる、などのデザイン面や、キャッチコピーを変えてみる、コンテンツの中身を見直してみる、価格を変えてみる、保証を変えてみる、などのコピーライティング面などがあります。

順番的には、まずコンバージョンの高いサイトを作ります。そして、そこにアクセスを集めていく。なぜこの順番か、理由はこうです。アクセスを集める作業は結構労力がかかります。SEO やソーシャルメディアは時間が必要ですし、広告を打つ場合はお金が必要です。もし多大な労力をかけてアクセスアップをしても、そのサイトが何ら売上に結びつかなければ全ての努力が無駄になってしまいます。

一方、コンバージョンの高いサイトを作ってしまえば、後はアクセスをたくさん集めることに力を注げば売上が立つということが分ります。単純に言って、アクセスを集めれば集めるほど売上になるわけですから、広告を使うのも躊躇がいりません。

もちろん、コンバージョンの高いサイトをつくるためには、ある程度テストしてみる必要があります。最初は PPC 広告などで小額から広告を出稿し、うまくいけば大きく展開していく、という流れです。

インターネットを活用する2つのメリット

ンターネットがこのような方法に向いているのは、広告の反応が計測できるからです。ウェブサイトに Google Analytics などのアクセス解析を入れれば、見込み客の動向が把握できます。また無料、ないしは低予算でこういったことを実行して行けるのが、もうひとつの大きなメリットです。

計測可能と無料・低予算という2つの大きなメリットによって、インターネットの活用次第でビジネスを大きく成長させていくことができます。

ぜひ、まずはこの 2 つのポイントをチェックして、弱い部分を強化していってください。

まとめ

サイト改善の判断基準

  • サイトへのアクセス(数)を高める
  • サイトのコンバージョン(レート)を高める

サイト製作・改善の手順

  • まずコンバージョンの高いサイト(ページ)つくる
  • それからアクセスアップを図る

追記

コンバージョンの高いサイトを作る方法はこちら

無料・もしくは低予算でアクセスアップを図る方法はこちら