なぜ、ウェブサイトにインパクトやかっこよさを求めない方がいいのか?

このエントリーはぜひ見ておいて欲しいですね。

Webサイトのデザインで「かっこよく!」「インパクトを!」としか言わないWeb担当者よ、本来の目的に立ち返れ

見た目を気にするクライアントさんはとても多いですが、その表現はどこか抽象的な表現ばかり。明確な意図や目的を持ってデザインについて要望を出してくる人はなかなかいません。

世の中の95%のWebサイトは、グラフィックデザインがかっこいい必要はない

とありますが、実際結果を出すウェブサイトとは、かっこよさとは関係がありません。むしろ、素人っぽいサイトの方が結果が出るケースもあります。

かっこよさは、所詮クライアントやデザイナーの自己満足でしかなく、結果という視点からは悪影響を及ぼすことがほとんどです。なぜなら、かっこいい “雰囲気” のデザインは往々にしてユーザービリティを損なうからです。つまり、使い勝手が良くないということです。

フラッシュを使うなんてもってのほか!
最近流行りのパララックス(視差効果)も使い過ぎはオススメしません。

背景動画のサイトもユーザービリティ的には最悪ですね。サイトが重くなり、表示速度の遅さはユーザーをイライラさせる原因になります。これらの効果は、本当に必要なのか? 自分のエゴを捨てた上でちゃんと検討した結果なのでしょうか?

ちなみに、ここでいう結果とは何か? あなたがウェブサイトを必要とする目的はなんですか? 集客ですか? 販売ですか? それぞれ目的はあるはずですが、それを達成するために、そのデザインは機能するのか、という視点が必要です。

このエントリーでは、客さんへのニーズに沿ったデザインを心がけるようしきりに訴えています。

Webデザインは、お客さまのニーズへの最適化

まさにその通りだと思います。

ぼくはクライアントの要望に寄り添うことはほぼありません。クライアントの要望のほとんどは、お客さん視点ではないからです。かっこよさやクリエイティビティは、視点が自分になっています。自己顕示欲や自己重要感など、つまりエゴを満たしたいだけです(それで構わない、というクライアントがいるのも確かですが……)。

当然、エンドユーザーと接しているのはクライアントなので、ぼくが考えるよりもよっぽどお客さんの気持を分かっているはずなのですが、、、それに気付けていない。なので、そこを深堀りしていくのも、ウェブを制作するものにとっては必要なスキルだと思います。

ウェブサイトのゴールは何か?

ウェブサイトをつくる上では、まず目的を明確にすることが必要です。

ユーザーにどういう行動をとってもらいたいのか?
ユーザーに何を提供したいのか?
ユーザーにどのような体験を得てもらいたいのか?

実はそれすら持っていない場合もあるので、そこから戦略を詰めていくこともありますが、とにかくゴール設定がまず必要です。

そして、そのゴールを達成するためのメッセージが必要です。そのサイトで、もしくはページで、何を訴えていくのか? それはユーザーが求めていることの答えになっているのか? そしてその答えをユーザーに手にしてもらうために、分かりやすい構成になっているか?

そう考えていくと、自ずとレイアウトやデザインは決まってくると思います。

感情的な話をちょっとすると、ウェブデザインはエゴとゴールのせめぎあいのように思います。実のところ、ウェブデザインにかぎらず、広告を作る作業やキャッチコピーを考える作業、商品を作る作業もでさえも同じです。

ゴを取るかゴールを取るか

エゴに偏るとゴールを達成できません。数々のデータから、ゴールを達成できるウェブサイトは、シンプルで簡素なものだということが分かっています。

しかし、一方でクライアントもデザイナーも自分のエゴを満たしたいという欲求がある。これも別に悪い欲求ではないんですが、意識していないとついついエゴに偏ってしまいます。

そしてゴールに偏るとエゴを満たせない場合が多い。ゴールを達成できるウェブサイトは、実につまらないデザインで、クリエイティブの欠片もなく、やりがいも感じないようなタイプだからです。

繰り返し引用しますが、

世の中の95%のWebサイトは、グラフィックデザインがかっこいい必要はない

は取り入れた方がいい意見です。

あなたはエゴを取るのか、それともゴールを取るのか? どちらにしますか……?